FC2ブログ

こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【【米国株・国債・商品】株下落、ハイテク売られる-国債は高い】
9日の米株式市場では主要3指数が下落。
決算不調を手掛かりにテクノロジー株が再び売られた。
株安を背景に米国債は大幅高。
原油は史上最長の10営業日続落となった。

※ブルームバーグ引用

中間選挙後、アメリカマーケットは反発しましたが、
金曜日は下落、また、
値を戻してきた原油の価格が下落。
日本マーケットは、アメリカマーケットの後追いしますので、
アメリカ企業の決算が、やはり気になるところです。

【スタバが中目黒に高級店「ロースタリー」-世界5店舗目】
米スターバックスのケビン・ジョンソン最高経営責任者(CEO)は都内で会見し、
来年2月28日に中目黒(東京都目黒区)に、
国内初、世界では5番目となる高級店舗「リザーブロースタリー」を
開店すると発表した。

※ブルームバーグ引用

中国はもちろん日本でもコーヒーの人気は、
なかなか止まりません。
特に中国では、コーヒーの需要は今後も
延びる可能性が高く、
スタバが日本より早く
中国に高級店を出店したのは納得です。
目黒区にお店ができた際には
ぜひ行ってみたいと思います。

スポンサーリンク
【海外投資家の日本離れ、逆転も-インフレ加速すれば関心増すとの見方】
安倍トレードと呼ばれた日本株買い・円売りの取引は
2013年のことだった。
現在、日本経済は約20年ぶりの好調さを示しているものの、
海外投資家は13年以来、日本にあまり関心を持っていない。
しかしインフレ率が予想に反して回復すれば
海外投資家の関心が上向く可能性があると、
一部アナリストはみている。

※ブルームバーグ引用

何とか、日本マーケットの下落を食い止めている
日銀のETF外ですが、外国人投資家の売りが
止まらなければ、いずれ、日本マーケットは、
また、大きく下落する局面が来ると思っています。

【たっぷり寝る社員に報酬、クレイジーが日本の働き方に一石】
政府が働き方改革を進める中、
日本企業の従業員の睡眠時間はまだ不足している。
東京都墨田区のある企業はこうした状況を打破しようと、
夜にたっぷり睡眠を取った社員に報酬を付与するという
思い切った福利厚生制度を打ち出した。

※ブルームバーグ引用

私も睡眠時間が短く、気にしているのですが、
将来的に睡眠負債がどのように、
自分の体にどのような影響がでてくるのか、
とても気になっています。
7時間は睡眠をとるように努力したいところです。

スポンサーリンク
【中国株買い支え、主役は「国家隊」から地方当局に-指導は中央政府か】
中国本土株の急落に歯止めをかけるため
市場に乗り出してくる国有基金を市場参加者は「国家隊」と呼ぶが、
今回の株安局面での当局による支援策はこれまでと様相が異なっている。

※ブルームバーグ引用

中国株の下落が、なかなか止まりません。
日本マーケットも日銀が買い支えていますが、
日銀の買い支えが効かなくなって、
下落が進むとなれば、ぞっとします。
ここにきて、日本株は、外国人投資が売却中、
警戒した方が良いと思います。

【マリファナ関連株、大半が下落-カナダの娯楽用大麻解禁初日】
カナダが娯楽用マリファナ(大麻)を解禁した
17日の北米株式市場で、恩恵を狙う
マリファナ関連企業の株価はおおむね下落して始まり、
上昇に転じて取引を終えた銘柄は一部だった。

※ブルームバーグ引用

先進国のカナダでマリファナが、
合法化された結果、どうなるか、
とても興味がありますが、その影響も、
カナダ政府はシュミレーションしているはずです。
少なくともマリファナよりアルコールの方が、
世の中には、悪い影響を与えていると思います。

スポンサーリンク
【トランプ大統領:中国からの輸入、さらに2670億ドル相当に関税も】
トランプ米大統領は、中国からの輸入2670億ドル(約30兆円)相当に対して
追加関税を賦課する用意があると表明した。
既に表明済みの2000億ドル相当に追加されることになる。

※ブルームバーグ引用

日本の原油の輸入をイランから許さなかったように、
中国も日本も、これから更なるアメリカの圧力を
受けることになりそうです。
アメリカマーケットが、下落に転じたときに、
他国にどのような圧力をアメリカがかけてくるのか、
それがとても気になります。

【スルガ銀、3首脳が引責辞任-第三者委がシェアハウス問題で報告】
シェアハウスをめぐる不正融資問題で、
スルガ銀行の第三者委員会(委員長・中村直人弁護士)は7日、
融資の審査書類などに改ざんや偽造があり、
多くの行員の関与を認定するとともに、
その背景にコンプライアンス意識の欠如などが
あったとする調査結果を公表した。

※ブルームバーグ引用

大企業に勤める一人のサラリーマンが、
上司から不正を強要された場合、
ほとんどの人は、それを覆すことはできません。
少なくとも法で、内部の告発者を、
きちっと守る法律ができない限り、難しいと思います。
日本における「和」を乱すという行為に
対する報復は、やはり怖い。
だから、不正がマスコミに出てきたとき、
ほとんどの企業は、立ち直ることが
できない状況に落ちっていることが多いわけです。

スポンサーリンク
【北海道で震度6強、道内全域が停電、復旧に1週間以上か】
北海道で6日午前3時すぎに大きな地震が発生した。
気象庁によると、震源は胆振地方中東部で推定マグニチュードは6.7。
厚真町では震度7を記録した。
道内全域で発生した停電は全面復旧に時間がかかる見通しで、
航空や鉄道などの交通機関やトヨタ自動車、
日本製紙などの企業活動にも影響が広がった。

※ブルームバーグ引用

台風21号の影響で、関空などが
多大な被害をこうむり、これから復旧作業というところで、
北海道が大きな地震に襲われました。
津波がなかったのが不幸中の幸いでしたが、
道内の半分の電力を供給していた火力発電所の停止で、
道内の発電所がブラックアウト、停電が今なお
多くの道内で続いています。
インフラ関係の仕事の方々は、
これから大変だと思いますが、
何とか早く復旧してくれればと思います。

【国株の下落に備えよ-ゴールドマンとシティが警戒促す】
投資家の楽観が年初来最大の下落局面を示唆する水準に達したことから、
シティグループは新たな相場下落が待ち構えている可能性があると警戒を促した。
一方、ゴールドマン・サックスの強気・弱気相場指数は、
バリュエーション(株価評価)の高さや労働市場の引き締まりを追い風に、
警戒水準に達した。

※ブルームバーグ引用

株が暴落すれば買い、
株が上昇すれば売り、
ここ一年、アメリカマーケットは、
危険な域まで上昇していると言われながら、
マーケットは上昇してきました。
自分の感覚より、歴史に学べということで、
数値的に暴落を引き起こす水準であれば、
マーケットが下りるのが無難な判断です。

スポンサーリンク
ひさしぶりの更新ですが、
とりあえず何かを書くことは、
やっぱり重要なので、
続けるようにしたいと思います。
最近よくチェックしているのは、
下記の方のツイッターです。
https://twitter.com/Tonpin1234
参考までにご紹介いたします。

9820 エムティジェネックス
3356 テリロジー
3264 アスコット

しかし、現在、マーケットは右肩上がり、
特にアメリカマーケットは、上がり過ぎだと思っています。
あえてリスクをとって買いに行くのは
得策ではないと思います。

スポンサーリンク
【ビットコインは無価値、バブル今にもはじける-アリアンツ運用部門】
欧州最大の保険会社、
独アリアンツの運用部門アリアンツ・グローバル・インベスターズによれば、
仮想通貨ビットコインのバブルがはじけるのは時間の問題。
ビットコインは本質的に無価値だからだ。

※ブルームバーグ引用

仮想通貨、ビットコインの価格は、
現時点においてバブルの価格なのか、
それとも、また上昇し続けるかは、
予想はできません。
しかし、オランダのチューリップバブルのように、
紙幣としての価値を確立化できなければ、
記事にある通り、バブルとみなされて、
大きく下落する可能性は高いと思います。
ただ、短期的に見れば、大きく下落した時は、
リバウンド狙いの買いが狙えると思います。

【米朝首脳会談の行方不透明に、国務長官交代で-決裂なら戦争リスク】
トランプ米大統領がティラーソン国務長官を解任したことで、
米朝首脳会談がいちかばちかの
危険な賭けとなる恐れが一段と高まってきた。

※ブルームバーグ引用

戦争なんて起こるわけがないと思っていても、
過去の歴史を振り返ってみれば、
突然、始まってしまうのが戦争です。
第二次世界大戦以降、日本は戦争をしていませんが、
現在、戦争に巻き込まれず、
日本で生活ができているといことは、
現在の世界を見渡せば、とても運が良いことかもしれません。
現在進行中で、戦争をしている地域もありますが、
それは、報道されていないだけです。
アメリカと北朝鮮が戦争になれば、
在日米軍基地を要する日本も必ず巻き込まれると思います。

スポンサーリンク
【森友スキャンダルで円強気派に勢い、1ドル=100円視野に】
学校法人「森友学園」を巡るスキャンダルが深まる中で、
円の上昇を見込む投資家は勢い付き、
1ドル=100円の円高も視野に入れている。

※ブルームバーグ引用

多くのマスコミは、
安倍首相と、その妻の昭恵氏の働き掛けが
財務省にあって、学園の土地を籠池氏に安く売却、
さらに文書の改ざんを指示したような意味を
もたせるような報道をしていますが、
今回の問題の焦点を整理しないと、
安倍首相は悪いことをした、だから辞任、
議員辞職するべきだとマスコミの思うつぼになります。

・安倍首相と、その妻の働き掛けがあって
 土地を安く籠池氏に売却したのか
・文書を偽装したのは誰で、それを指示したのか

焦点は、この二つです。
いろいろな情報が錯そうしていますが、
私が一番問題だと思っているのは、土地を安く売却し、
文書を偽造してしまった財務省であり、
その文書偽造をチェックすべき会計検査院が機能しなかったこと。
おそらく、先日辞任した佐川氏の指示であり、
さらには財務省、会計検査院という組織が、
法をおかしていることです。

安倍首相と、昭恵氏は、
自分たちが潔白であれば、
きちっとそれを証明すればいいだけだと思います。

【米大統領、ティラーソン国務長官解任-後任にポンペオCIA長官】
トランプ米大統領は13日、ティラーソン国務長官を解任した。
ティラーソン氏は1週間近くに及ぶ
アフリカ訪問から戻ったばかりで、不意打ちを食らった格好だ。

※ブルームバーグ引用

側近が、これほど解任、辞職するアメリカの政権が
今までなかったことを考えると、
現政権は、突然、大きな動きがありそうで、
世界が振り回される可能性が、
かなり高いように思います。

スポンサーリンク
【義理チョコからの解放、バレンタインは自分へのご褒美デーに】
元会社員の堀井英未さん(27)は
「義理チョコが正式に世に認められたせいで
社交辞令出費が増えるからつらい」とこぼす。
社内ではチョコレートを配らないように「女子の協定」を結んでいたというが、
取引先には贈らないわけにはいかない。
1人当たり2500円のチョコレートを準備していたという。

※ブルームバーグ引用

バレンタインデー、ホワイトデーしかり、
クリスマス、ハロウィンも西洋文化から
日本に根付き、さまざまな経済効果を与える日となりました。
しかし、そういったイベント日に何かをこじつけて
商売に結び付けるのは、やはり大人の都合ですね。

【東芝:財務再建にめど、銀行出身の車谷CEOは世界舞台復帰に意欲】
経営再建中の東芝は財務回復にめどをつけ、
4月から銀行出身と生え抜きの2トップ体制で
事業再建に取り組むことになった。
稼ぎ頭のメモリー事業の売却により、
自己資本は一時的に押し上げられるが、
一方でその穴を埋めるための総合的な収益基盤の立て直しが急務となる。

※ブルームバーグ引用

記事にある通り、メモリー事業を売却した
東芝にいったい何が残るのか。
何よりも、本来であれば、粉飾決算をした企業として、
中小企業であれば、
間違いなければ倒産の危機に瀕していたはずです。
大きすぎてつぶせないというのはありなのか?
大人の事情ということで、何とか納得しても、
結果を出してほしいです。

【2月14日のマーケット】
180214-1

スポンサーリンク
【衆院選へ党首論戦、3極構造に-アベノミクスは7合目と安倍首相】
主要政党党首が8日、テレビ討論などにそろって臨み、
衆院選(10日公示、22日投開票)に向けた論戦が始まった。

※ブルームバーグ引用

結局、有権者は、党の公約によって、
投票を誰にするかを決定することが、
とても多いと思うのですが、
その公約が実行されることを信じて投票しても、
公約が実行されないことがかなり多いのが一番の問題です。
少なくとも、これについては、チェック機関があっても良いと思います。

【神戸鋼:アルミ・銅製品でデータ改ざんが判明、納入先約200社に及ぶ】
神戸製鋼所は8日午後、アルミや銅の製品の一部で
顧客の製品仕様に適合させるため、
強度などの検査証明書のデータを書き換えて
出荷していた事実が判明した、と発表した。

※ブルームバーグ引用

どこまで賠償責任が出てくるのか、
さらに企業の存続にも関わってくるかもしれませんが、
いつからこのような不正をしてきたのか、
とても気になります。
メーカーに納品した製品が、
その品質を維持していないとなれば、
その影響は、はかりしれません。

【10月9日のマーケット】
171009-1

スポンサーリンク